認知症外来

物忘れと認知症

人は誰でも歳をとり、体の機能が少しずつ衰えていきます。若い頃のように活動することが簡単ではなくなってきます。ちょっとしたことが思い出せなくなったり、今までできていたことをし損じたり、といった場面が増えてきます。このような加齢による自然な変化と認知症との違いはどこにあるのでしょうか。単なる物忘れと病的な物忘れのどこに境があるのでしょうか。
認知症では、ある体験の内容だけでなく体験そのものを忘れてしまったり、物事を段取りよく進めていく事ができなくなるなど、いくつかの注目すべき特徴があります。一番重要なポイントはその人の日常生活に様々な支障が生じ始めるという点です。

認知症について

症状の特徴や各種検査から得られる情報により認知症はいくつかのタイプに分類されます。いわゆるアルツハイマー型に加え、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症といったものがあります。早期に診断を行い、それぞれのタイプに応じた適切な治療やケアを続けることで、認知症の進行を抑え、ご本人の生活をよりよいものとすること、ご家族の介護負担を減らしていくことが期待できます。
また、身体疾患やうつ病などの影響により一時的に認知機能が低下している場合があり、原因疾患の治療により認知機能そのものが回復することもあります。

認知症外来のご案内

認知症外来では認知症に関する鑑別診断、認知機能の評価、治療を行い、ご本人、ご家族が抱える様々な困難に対して専門的な立場からアドバイスを行い、ご本人の尊厳を支えつつ、安心して暮らしていけるようサポートしています。また、当院重度認知症デイケア「ほのか」、認知症疾患治療病棟「菜のか」とも連携しながら総合的なサポートを行っています。

診療体制

専門外来の担当医が対応します。初回の受診については事前の予約が必要です。お電話にて受け付けております。かかりつけ医をお持ちの方は紹介状(診療情報提供書)をお持ちください。受診の際は、医師の診察の前に心理士あるいは看護師が今回の受診に至るまでの経緯について、ご本人あるいはご家族(付き添いの方)に簡単にお話をお伺いします。当日、認知機能検査、頭部CT、血液検査などを必要に応じて実施します。初回は1時間程度の診察を行い、現状を踏まえて今後の治療の方針を検討します。

認知症外来