薬と長く付き合っていくために

薬には長く使用する必要があるものがあります。精神科では統合失調症やうつ病などに使われる薬などです。薬の服用が病気の再発再燃を防ぎ、日常生活を送る力を助けてくれます。長く服用が必要な薬にも副作用がありますが、服用を続けていると消失するものもあります。服用を中止すべき副作用なのか、そうではないのかは、投薬をうける際に確認が必要です。 また、これらの薬は自己判断で…


続きを読む»

睡眠薬・抗不安薬との付き合い方

薬には大きく分けて二つのタイプがあるのをご存じでしょうか?症状が治まってしまえば服用をやめる薬と症状を抑えるために服用を続ける必要がある薬です。睡眠薬や抗不安薬は風邪薬や抗生物質と同じように症状が改善すればやめることができる薬です。毎朝同じ時間に起きる習慣を付け生活リズムを整えることで自然な睡眠に近づけることができます。規則正しい生活がストレスに強い身体と心…


続きを読む»

病名と告知⑤(終)認知症と本人への告知<後編>

認知症は基本的には進行性の疾患で、告知についての心理的ケアがとても大切となります。物忘れの自覚があり自ら受診された場合でも、単に診断や進行性の事実を伝えるだけでは有害無益と考えます。 先のことを考え悲観的になるのではなく、今できることをしていく、それを家族含め一緒に考えるサポート体制がとても重要です。認知症の進行を遅らせるといわれている薬の存在は少なからず救…


続きを読む»

病名と告知④ 認知症と本人への告知<前編>

認知症(特にアルツハイマー型)の方は、病識に乏しく、それを取り繕う行動を取ることが多いといわれています。物忘れを尋ねても、「全然ありません」と言ったり(同席の家族が眉をひそめる)、自分が財布をどこかに置いたときに、そのこと自体を忘れるだけでなく、「〇〇が盗んだ」と自身の記憶を埋める形でエピソードをつくりだしたりすることがあります。 これらを妄想とか単に病的症…


続きを読む»

病名と告知③ 発達凸凹と発達障害<後編>

発達凸凹を持ちながらも、本人・周囲(ご家族等)がそれを受け入れ自分なりに生活をされている場合、診断をつける(受ける)必要はなく、そういった方はそもそも病院に来られないかと思います。例として、こだわりが強く無愛想なところはあるけれど、一つ仕事を始めたら丁寧に最後までやり抜く、といった昔気質の人の中にそういう方がおられるかもしれません。とはいえ、サービス業が主体…


続きを読む»