アルコール依存症の治療薬

海辺の杜ホスピタル 副院長 笠井 秀夫

アルコール依存症の治療には薬が用いられることがあります。抗酒剤はそれを服用することによって飲めない体質をつくり出す薬です。アルコールが全く飲めない体質の人がいますが、その人と同じような状態を人工的につくり出すのです。少量の飲酒をしても吐き気や動悸等の体調不良が現れるため、飲酒できなくなるのです。酒をやめたけれども、つい誘惑に負けてしまいそうになる人にとっては心強い味方になるでしょう。
飲酒欲求そのものを抑える薬もあります。アルコール依存症の強い飲酒欲求につながる神経の興奮を抑えることで、自然に、かつ安全に断酒を達成することが可能となります。
また、初めから断酒を目標とするのではなく、まずは飲酒量を減らすことを目標として取り組みたいという方に向け、飲酒量低減を効能とする薬もあります。
いずれもアルコール依存症を専門とする医療機関で心理社会的治療を併用しながら使用していく必要があります。