抗不安薬と睡眠薬の常用量依存

桟橋みどりクリニック 所長 山﨑 浩

不安を抑えるための抗不安薬(安定剤)と、睡眠薬のほとんどに、わが国では、ベンゾジアゼピン系の薬剤が用いられています。この系統の薬剤は、処方量を守って服用していても軽い依存を生じることが知られており、この状態は常用量依存と呼ばれています。ただ、常用量依存の状態は一般的な薬物依存のイメージであるような、規定量以上の薬物を求めたり、薬物を服用して異常な考えや行動を表すことはなく、ほとんどの場合は日常生活に大きな支障は生じていません。服薬を中断した際の不安や不眠のために薬物を手放せないことを患者さんは悩まれています。
常用量依存の場合は、急激にお薬を中止することは、離脱作用で強い症状が現れたり、そのために、かえって服用を中止する動機付けを失っていまったりすることがあります。医療機関ではそのような場合、一時的に他の薬剤に置き換えたりする方法を取り、最終的に服薬を終了するといった方法を取ります。