睡眠薬・抗不安薬との付き合い方

海辺の杜ホスピタル 薬剤師 細木 加寿子

薬には大きく分けて二つのタイプがあるのをご存じでしょうか?症状が治まってしまえば服用をやめる薬と症状を抑えるために服用を続ける必要がある薬です。睡眠薬や抗不安薬は風邪薬や抗生物質と同じように症状が改善すればやめることができる薬です。毎朝同じ時間に起きる習慣を付け生活リズムを整えることで自然な睡眠に近づけることができます。規則正しい生活がストレスに強い身体と心をつくり薬の使用を必要最小限にとどめることが可能になると考えられます。
薬は効果があるため何らかの副作用もあります。薬を定期的に見直すことは、重大な副作用を回避することにつながります。今飲んでいる薬は症状にあった薬でしょうか?睡眠や不安の状態を先生に伝えていますか?どのような睡眠なのか(寝付けない、夜中目が覚める)どのようなときに不安になるのか伝えることが効果的で副作用の少ない薬の選択につながります。