精神科訪問看護について

訪問看護ステーションうみべ 青木 洋明

精神科訪問看護とは病院を退院した後、あるいは通院中の方が、家庭や地域社会の中で安心して治療を継続しながら快適な生活を送ることができるよう看護師などの専門職が定期的にご自宅に伺って、さまざまな相談やアドバイス、支援などを行うことです。
「病気とうまく付き合いながら、地域生活を継続したい」「病気や症状悪化時の対処方法を身に付けたい」「病気や症状、お薬などについて相談したい」「規則的な服薬習慣を身に付けたい」「日常生活について相談したい」「サービスの利用などについて相談したい」など個人の目的に応じた利用が可能です。
精神疾患や心の傷を1人で抱え込んで生きるのは、とても大変なことです。自分のつらさや生活上の不安などを、専門的な知識を有する人に相談することは、それだけでも精神的負担の軽減につながります。まずは主治医に相談し、必要に応じて精神科訪問看護サービスの利用を検討してみてはどうでしょうか。