アルコールによる肝臓の障害

笠井

アルコールによって肝臓が障害されることは広く知られていますが、大量の飲酒を続けることにより、最初に起こる変化が脂肪肝という状態です。その状態が長く続くと肝臓は腫れ上がり、やがて炎症を起こすようになります。それがアルコール性肝炎と呼ばれる状態です。 進行すると、倦怠感、吐き気、下痢、食欲不振、腹痛などの症状が出始めます。この段階では、数カ月の断酒により肝臓はま…


鉄欠乏と抑うつ症状

気分が落ち込んだまま戻らない、何事にも意欲が出ない、眠れない、食欲もない、頭が回らない。そういった症状は抑うつ症状といわれ、うつ病はもちろんさまざまな疾患で生じることが知られています。 最近臨床の現場で感じることは抑うつ症状で来院される方の背景に鉄欠乏が多いということです。鉄が足りないと聞くと皆さん恐らく貧血を思い浮かべることと思います。貧血は採血のヘモグロ…


社交(社会)不安障害

「人前で何かをするときに失敗をしてしまうのではないか」このように、悪い評価を受けることや、注目を浴びる行動への不安から強い苦痛を感じたり、体の症状が現れ、次第にそうした場面を避けるようになり、日常生活に支障を来すことを、社交不安(または、社会不安)障害といいます。 恥ずかしいと思う場面でも、多くの人は徐々に慣れてきて平常心で行動できるようになりますが、社交不…


認知症の看護について

認知症を発症すると正常だった脳の機能が低下し、ひどい物忘れ、家族に対し「財布を取られた」「お金を取られた」という被害妄想、見えないものが見える幻覚などさまざまな不安からくる精神症状・徘徊・暴力(暴言)などの行動をもたらします。これらが認知症の症状の一つともいわれます。 症状の改善に向けて薬物治療もあります。また看護の関わりとしましては、「笑顔で対応をする」「…


精神科デイケアって?

デイケアと聞いて、高齢者のデイサービスをイメージされる方が多いのではないでしょうか。今回は精神科デイケアを紹介します。 精神科デイケアは精神科に通院されている方を対象とした、精神科リハビリテーションの一つです。当院には10代から80代の方が通所しています。デイケアでは、さまざまなプログラムを実施しています。たとえば認知機能リハビリテーションプログラム(脳トレ…